はつはるポンのグルメ

食べて飲んでおいしい 見て楽しい 様々な食材・スイーツ・ランチ・ワイン・旅・日々のこと

ニュージーランドで日本人が生産管理しているマヌカハニーを買ってみた。「インカナム(R)マヌカハニー」

昨日の記事に書いた、写真のエグモントハニー社 マヌカハニー MGO830+(UMF20+) 250g ニュージーランド産生はちみつ の他に

 

日本人の養蜂職人、辻 重さんが生産管理しているというマヌカハニーも購入しました。
インカナム(R)マヌカハニー インカナムマヌカハニー MGO550十(超高活性)活性強度22十 500g NZで日本人が生産管理

f:id:hatsuharupon:20200213202406j:plain


私が複数個購入する理由: 
  • はちみつ類が好き。
  • 常備薬のような役割も果たすから家に常に置きたい。

だから少し買いすぎても問題ありません。

 

  • はちみつは、主に自分用です。

アマゾンはその時々で売り切れのものがあるので、自分が食べたい、飲みたいと思った商品は売り切れない前にキープのために購入します。

 

2種類のマヌカハニー「インカナム(R)マヌカハニー」と「エグモントマヌカハニー」の味の違い 

 食べ比べする人はあまりいないかもしれません。

味の違いがわからないぐらい、どちらもおいしくて、どちらも同じぐらい好きです。

 

どちらもキャメルのように濃厚で、コクがある甘い味。

でも少し酸味もあって、食べた後は意外とさっぱりしています。

 

どちらかというと、少しエグモント社の方がやわらかいです。

 

日本人が生産管理しているというのはより信頼できます。

マヌカハニーニュージーランドだけで取れるときいています。

 

マヌカハニーの養蜂家の方達はどなたも真面目に取り組んでいらっしゃると思いますが、日本人が生産管理しているときくと、より安心です。

 

口に入るものですし、健康食品はとくに、原材料や生産過程が大事です。

 

f:id:hatsuharupon:20200213205555j:plain

インカナム(R)マヌカハニーのボトルの裏

ボトル裏には、

「特有成分のメチルグリオキサール(MGO)含有量が正確に測定された信頼度の高い製品です。」との記載。

 

そして、食べ方は

金属スプーンはお避け下さい。

「1回小さじ1から3杯、日に数回を目安に単体でお召し上がり頂く方法が健康サポートに最もお勧めです。」

 

親切です。

単体でとあるので、ヨーグルトに入れてはダメなんですね。

 
「エグモントマヌカハニー

私は昨年500gを17,800円(税込)で購入しました。

こちらは250gのもの。 アマゾンで9,800円(税込)です。

 

エグモントハニー社 マヌカハニー MGO830+(UMF20+) 250g ニュージーランド産生はちみつ 

 

日本人養蜂職人 辻 重さんの「インカナム(R)マヌカハニー
 

インカナム(R)マヌカハニー インカナムマヌカハニー MGO550十(超高活性)活性強度22十 500g NZで日本人が生産管理

私が買った時は、アマゾンで税込みで16,950円(税込)でした。500gです。

 

どちらのマヌカハニーも美味しくておすすめです。

 

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村