はつはるポンのグルメ

食べて飲んでおいしい 見て楽しい 様々な食材・スイーツ・ランチ・ワイン・旅・日々のこと

新型肺炎コロナウィルスやインフルエンザ対策 食材「納豆」と酢について

 私がよく訪問するブログに、最近、『納豆に酢を入れて食べると良い』ということが書いてありました。

 

この時期、新型肺炎やインフルエンザが流行っていることへの対処での内容です。

 

身近な食材ですし、家族に健康でいて欲しいので、早速試しています。 

 
納豆にお酢を入れて試してみた理由と感想
  • 減塩になる。

納豆には、付属のたれを入れる方が多いと思いますが、酢を入れれば余計な塩分が抑えられます。減塩になります。

 

  • コクが出る。まろやかな味になる。

お酢は、肉や、野菜を炒めた際に隠し味で入れたり、スープに入れたり、餃子につけたり日常的に使用しています。黒酢などは特にコクが出ます。納豆にお酢は思いつきませんでした。

 

  • お酢パワーと納豆菌の相乗効果が出るのかも。

栄養学的な根拠は調べていませんが、食べ合わせ方で相乗効果がでるものってありますよね。

例えば「玉ねぎの味噌汁と食後の緑茶」で腸内の良い菌がとても増える、とかきいたことがあります。

 

高齢な家族に食べてもらいたい

納豆は体に良いときいており、特に高齢の家族に食べて欲しいと思っています。

「私がよく訪問するブログ」内で読者からの質問への回答で、

高齢者が食欲がないときは、高価な栄養剤などは取る必要がなく、納豆と豆腐を食べておけばいい

というような内容がありました。

 

なるほどな、と思いました。

これらは日本で生まれて育った人のソウルフード

しかも高タンパク質ですし、

納豆菌は体を回復する力がある気がします。

 

納豆菌を取り込んで欲しいから、高齢の家族のために、納豆を買って冷蔵庫に入れておくことがあります。

でも、そのまま手付かずのことが多いです。

 

「なんで食べないの。体にいいから食べて」と言っても

あまり好きではないそうです。

 

苦手なものを克服させるつもりはありません。

 

でも食べ方をよく聞くと、薬味を入れないで食べているのです。

それでは美味しくないですよね。

 

薬味を入れないで納豆を食べるとかえって健康に悪いときいたことがあります。

納豆菌は結構強い菌だそうで、高齢者で心臓が弱った方へは負担が大きいのだそうです。

 

薬味を入れると食べてくれる家族。ではどんな薬味が良いか?

ネギ

海苔

しょうが(刻んだもの、おろしたもの)

ミョウガ

大根おろし

ごま

しそ

ゆず胡椒

などなど各家庭で好きな薬味があると思います。

上記のもの全部入れてもいいそうです。

納豆菌は強いので、薬味をたくさん入れたほうがいいんです。

f:id:hatsuharupon:20210330011428p:plain

納豆には薬味をたくさん入れると良い


 

 

私は付属のタレはあまり使わずに、醤油と味噌を必ず入れます。

味噌を入れると美味しいですよ。

でもこれからはお酢も入れます。

 

高齢の家族に薬味いっぱいの納豆をつくると、この納豆は美味しい、と言って食べてくれます。いつもの納豆なのに、違う商品だと思っているみたいです。

野菜も取れるし、いいことづくめです。

 

手頃な値段で、誰でも買える食材で、新型肺炎やインフルエンザの重症化が防げるといわれるのであれば、続けてみるしかないな、と思いました。

みんなが殺到して店頭から消えることもなさそうなので。

 

でも理想は一日1パックだそうです。多くて2パックまで。

納豆菌は強いですから。

 

安心して使える調味料。

どれも美味しいです。

海の精 国産有機 旨しぼり醤油 1L

海の精 国産有機玄米味噌 1kg

海の精 紅玉梅酢 200ml

 

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村に参加しています。