はつはるポンのグルメ

食べて飲んでおいしい 見て楽しい 様々な食材・スイーツ・ランチ・ワイン・旅・日々のこと

スペインのリオハワイン 濃すぎず酸味も強くなくバランスが良いワインです。

スペインのコンティノ・リゼルというリオハワインを飲みました。

f:id:hatsuharupon:20200325215340j:plain

リオハはスペインの北部に位置します。

 

【銘柄名】 コンティノ・レゼルバ

 

 

【使われているブドウ品種】

テンプラニーリョ

グラシアーノ

マスエロ

ガルナッチャ

 

【収穫年】2014年

【価格】楽天では5,000円ちょっと(送料は別途)

【アルコール】 13.5%

【ボディ】フルボディ

 

リオハワインとは

リオハはスペインの赤ワイン銘醸地です。

スペインで一番有名と言ってもいいです。

 

スペインの北部にエブロ川という川があり、その流域で造られます。

 

スペインはとても暑くて乾燥していますが、リオハは川の近くだからか、

そんなに暑すぎずに、降雨もあります。

そんなに暑くないからアルコールも13.5%ぐらいのやわらかいワインが出来上がります。

 

リオハの赤ワインは、テンプラニーリョ主体で、

ガルナッチャ・ティンタ、マスエロ、グラシアノというブドウ品種以外は使ってはいけないそうです。

 

このワイン「コンティノ・グランレゼルバ」がオススメな方は

樽香が強いので樽の香りのワインが好きな方。

濃すぎない赤ワインが好きな方。

酸っぱくない赤ワインが好きな方。 

 

レゼルバとは

レゼルバ(RESERVA)とかグランレゼルバGRAN RESERVA)とラベルに書いていあるのを見かけます。

スペインワインの熟成の規定です。

赤ワインのレゼルバは 樽で1年、瓶で2年 計3年熟成

赤ワインのグランレゼルバは、樽で1年半、瓶で3年半 計5年熟成です。

 

リオハワインに関してはリオハの規定があります。

リオハワインのレゼルバは、3年熟成。

うち、最低1年はオーク樽で熟成、最低6ヶ月は瓶熟成という決まりがあります。

 

コンティノ・レゼルバのお味は
  • 最低1年はオーク樽で熟成されているので、樽香がしっかり 

樽香特有のバニラのいい香りがします。

  • フルーツに例えると、赤い果実、黒い果実の両方の香り。

ちょっとドライフルーツの香りもします。

  • 酸っぱくないです。
  • 渋みはあります。

色の割に濃すぎない、フレンチオーク樽由来のバニラ香がするリオハワイン。

これはモダンスタイルと呼ぶそうです。

リオハの赤ワインは、以前はアメリカンオーク樽で長期熟成する伝統的スタイルが多かったですが、今はモダンスタイルが多くなっています。

 

ワインボトルラベル裏を見ると、ブドウが造られる土壌は「沖積層、石灰質土壌」。

豊かな香りのワイン、骨格のあるワイン造りに土壌は影響するようです。

f:id:hatsuharupon:20200325232600j:plain


 

スペインのワイン

スペインは世界のワイン生産国第3位。

1位、2位はイタリアとフランスで競っています。

テンプラニーリョはスペインで生産量第1位のブドウです。

 

スペインの太陽をいっぱい浴びて、ポリフェノールがたっぷり入っていそうですね。

 

クネ コンティノ レセルバ(レゼルバ) [2014] C.V.N.E.社 <赤> <ワイン/スペイン> ※ヴィンテージが異なる場合があります。

 

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村