はつはるポンのグルメ

食べて飲んでおいしい 見て楽しい 様々な食材・スイーツ・ランチ・ワイン・旅・日々のこと

スペインのスパークリング・ワイン「カバ」コドーニュ クラシコ・セコ ハンバーグやコロッケに合わせられて家飲みにちょうどいい

コドーニュ クラシコ セコ「CODORNIU CLASICO SOCO」とは

スペイン コドーニュ社のスパークリングワインカバ

f:id:hatsuharupon:20200330203106j:plain

コドーニュ社とは、1872年にスペインで初めてカバを誕生させた、

スペイン王室御用達のワイナリー

いろいろなシリーズのワインを展開していますが、

伝統品種を使用しているのがクラシコシリーズです。

カタルーニャバルセロナ周辺で造られています。

 

カバ(Cava)とは、

シャンパーニュと同じように伝統製法「瓶内2次発酵」で造るスパークリングワインのこと。

伝統製法のことをMetode Tradictionalと言います。

 

カバは、カタルーニャ語洞窟を意味しています。

地下の洞窟で瓶内2次発酵が行われたことからきているようです。

カバとは産地名ではないのですね。

 

瓶内2次発酵とは、

アルコール発酵後の泡のないワインを瓶に入れ、

糖分と酵母を加えて、密閉した瓶内で2回目の発酵を起こすこと。

シャンパーニュも同じ方法で造られています。

とても手間をかけて造られる飲み物です。

 

伝統品種とは

チャレッロ(Xarel-lo)

マカベオ(Macabeo)

パレリャーダ(Parellada)

3種類とも白ブドウ。カバに欠かせない品種です。

マカベオはスペインで広く栽培されている品種です。

 

色調は麦わらの黄色

f:id:hatsuharupon:20200330214944j:plain

見た目通りの美味しさ

 

お味は

柑橘系フルーツやリンゴの香り

ブリオッシュのような香ばしい香り

泡の口当たりがよい

酸味は程よい

少し甘口のスパークリングワイン

 

瓶のラベルにはSecと書いてあるのに甘く感じる訳は?

f:id:hatsuharupon:20200330213246j:plain

ワインは初心者なのでいつもわからなくなってしまいます。

泡のないスティルワインだと、Sec辛口(残糖量は4g/L以下)

スパークリングワインだと、Secやや甘めなのです。(残糖量は17〜32g/L)

 

 

値段は

375ml

1200円ちょっと

フルーティで、泡も細かくてこのお値段でこの味は

大変お買い得なスパークリングワインだと思いました。

 

ファミリーレストランのジョナサンで見つけました。

ジョナサンのグラスワインは1杯99円

このスパークリングワイン(375ml)は税抜き1,099円 

f:id:hatsuharupon:20200330213932j:plain


 

f:id:hatsuharupon:20200330203154j:plain

 

家飲み用に、どんな食事にも合うスパークリングワインだと思います。

シャンパーニュと同じ製法で造られていて、品質が確かで手軽な価格で飲めるところが良いですね。今だと楽天だと800円代ぐらいです。(送料別途)

 

 

 

にほんブログ村に参加しています。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村