はつはるポンのグルメ

食べて飲んでおいしい 見て楽しい 様々な食材・スイーツ・ランチ・ワイン・旅・日々のこと

子供にかえりつつある母へ 母の日に贈るテディ

至福のひとときを贈るスイーツ&フラワー【日比谷花壇】

 

 

自分が若い時には全く気にしなかったこと。

自分が年をとれば、同じく母も年を重ねていること。

そんなお母さん/お義母さんへクマのぬいぐるみをプレゼントするのはいかがですか。

優しい色合いのお花と、日頃の感謝の気持ちを添えて。

生花の優しさと、なめらかな手触りと愛くるしい瞳のクマさんに、

お母さん、ほっこり癒されますよ。 

 

クマさんは、お母さんのお気に入りになっていつもおそばにおかれます。

母の日に美しいお花をもらった記憶とともに。

 

可愛いテディベアの名前は、「ブラウニー」

日比谷花壇オリジナルベア。

茶色の巻き毛と可愛い瞳

左足裏には、「Hibiya-Kadan Style」という文字が刺繍されています。

「どこからもらったかしら?」なんてことにならずに、

「ブラウニー」を手に取るたびに、あなたから「母の日に日比谷花壇のお花もらったわ」と思い出してくれます。 

 

 

テディベア「ブラウニー」が母に幸運を運んでくれる

「ブラウニー」とはヨーロッパの幸せを運ぶ 妖精。

「ブラウニー」と一緒に過ごすと願いがかなって、家族みんなが幸せになれる、という気持ちを込められています。

 

鉢植えのお花にお水をあげるのは母の日課にしてもらうのはいかが?

最近ちょっと忘れっぽくなった母へは、日々育っていく鉢植えを贈ると、植物やお花のパワーで元気になってくれるかもしれません。

水やりなどはお母さんの日課にしてもらって、お花を育ててもらうのもいいかも。

花束もいいけれど、可愛いお花をたくさんつけて長い期間楽しんでもらうことができる鉢植えもいいですね。

 

日比谷花壇のスカシユリはオンライン限定のギフトで人気商品。毎年お早めの注文がよさそうです。

 

母の日は5月の第二週の日曜日。

 2021年は5月9日です。

 

 

 

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村