はつはるポンのグルメ

食べて飲んでおいしい 見て楽しい 様々な食材・スイーツ・ランチ・ワイン・旅・日々のこと

オーストリアの白ワイン グリューナー・ヴェルトリーナーを初めて飲んだ

オーストリアワインはあまり飲む機会がありません。

外食でレストランに行っても、あまり見かけませんでした。

オーストリアワインという存在、気にも留めていませんでした。

私のオーストリアワインのイメージは高品質でお値段はお手頃。

高品質なオーストリア ワイン

 

以前オーストリア赤ワインを飲んだことがあります。

オーストリアを代表する黒ぶどうの「ブラウフレンキッシュ」赤ワイン

お手頃で美味しかったです。以前の記事はこちらです。

hatsuharupon.hatenablog.com

なぜオーストリアの白ワインを飲みたいと思ったのかというと
  • 積極的に探して飲まないと一生飲まない可能性がある

 

f:id:hatsuharupon:20200604221332j:plain

 

  •  グリューナー・ヴェルトリーナーで造られる白ワインの特徴は、

白胡椒の香りと聞いたから。

こちらの理由の方が大きいかもしれません。

スパイシー白ワインとはどういうものか?

一度飲んでみたいと、以前から思っていました。

 

オーストリア栽培面積最大の白ぶどう品種

グリューナー・ヴェルトリーナー白ワイン

ウィーン料理のお店で飲んでみました。

 

東京青山の表参道 Aoビルにある「カフェ ラントマン」をランチで訪問。

f:id:hatsuharupon:20200604233309j:plain

カフェラントマンのエントランス

オーストリアワインが充実しています。ボトルワインがほとんどです。

グラスワインとしては、赤と白1種類づつ飲むことができます。

白のグラスは、

飲んでみたかったグリューナー・ヴェルトリーナー

グラスワインがあってよかった!

1杯 968円(税込)です。(2020年6月時点)

f:id:hatsuharupon:20200604235941j:plain

f:id:hatsuharupon:20200605000050j:plain

ボトルの写真を撮らせてもらいました。

飲めて感動。ボトルの写真を記念にとりました。こちらのグリューナー・ヴェルトリーナーはあまり流通はしていないそうです。

 

このグリューナー・ヴェルトリーナーの白ワインを飲んだ感想は

思ったよりも色が濃いです。濃いイエロー

 

フルーティに感じました。りんごのような。柑橘の香りのような。

本来はフルーティな品種でないです。ノンアロマ品種。

白コショウのようなスパイスの香りします。

ミネラル感もあって、樽の香りがいい感じについています。

さらりとしているけれど、コクがあって美味しい。

 

しかも値段がそんなに高くないのでは。

ここのお店ではボトルだと4,000円で飲めます。

 

グリューナー・ヴェルトリーナーは、シャルドネよりも好きかもしれない。

しかもブルゴーニュシャルドネよりも価格設定が低めと感じます。


これから家飲みの白ワインオーストリアワインにした方がいいな、と思いました。

 
オーストリアワインの基本情報
  • ドイツと似たようなスタイルのワインが多い
  • 白ワインと赤ワインの比率もドイツと同じ 白65%ぐらい、赤35%ぐらい
  • ヨーロッパの中で一番オーガニック栽培が盛んな国

  

家飲みにオススメですよ。まだ飲んだことがない方はいかがですか。

購入するならばオーストリア専門のショップがいいと思います。

http://www.austria-wine.com

いいワインが揃っていました。グリューナー・ヴェルトリーナーも

生産者の紹介や、ワイン造りの姿勢なども載っています。

グリューナー・ヴェルトリーナーは生産者によって、造り方によって違うテイストになるようですよ。シャルドネもそうですよね。

生産者で選んでみるのもいいですね。

  

オーストリア ワインは世界中の専門家やワイン愛好家から賞賛を受け続け、名高い“2002年のロンドン・テイスティングなど多くの国際的なブラインド・テイスティングにおいて、トップ10の中で半数がオーストリア ワインという、そのポテンシャルの高さを証明しています。

 

ワインの勉強に。世界的なベストセラー

 

にほんブログ村に参加しています。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村