はつはるポンのグルメ

食べて飲んでおいしい 見て楽しい 様々な食材・スイーツ・ランチ・ワイン・旅・日々のこと

お鮨にスペイン白ワインのマリアージュが流行っている チャコリ

美味しいお鮨を食べました。

f:id:hatsuharupon:20200623225222j:plain

旬を素材にしたランチセット2,800円(税込)ぐらいでした。

東京 新宿の京王百貨店の食堂街のお鮨屋さん

 

ランチで訪問です。

入店まで30分以上待って入れました。

店内は、お客さんが入った後に念入りに消毒したり、4人掛けテーブル席は2人で座らせたり、いつものようにスムーズに流れなくて、外で(着席で)行列していました。

でも待った甲斐があったです。

久しぶりの職人が握ったお鮨。とっても美味しかったです。

 

この日はランチ訪問だったこともあり、アルコールは摂取せずです。

お飲み物のメニューはもらいませんでした。

 

アルコールの代わりに、喉が乾いていたのでクランベリージュースと日本茶

f:id:hatsuharupon:20200623225904j:plain

 

【冬瓜を使ったお通し】

f:id:hatsuharupon:20200623230032j:plain

冬瓜はもう何年も食べていませんでした。

夏の食べ物ですよね。

以前は中国料理の広東料理をよく食べに行っていたので、冬瓜のスープは、たまに食べていました。

 

【お碗はえびのお頭で出汁をとったお味噌汁】

f:id:hatsuharupon:20200623230252j:plain

お碗もお鮨もとても美味しかったです。

 

美味しいお鮨を食べながら思い出したのは、やっぱりワイン

このお鮨屋さん、旭寿司のドリンクメニューは全く見ていないのでどんなワインがあるかはわかりません。

 

一般的に最近ではお寿司屋さんでは白ワインだとシャブリ、赤ワインならピノ・ノワールを飲むことができます。

でも、密かに流行っているのが、スペインワインのチャコリだそうです。

 

以前にチャコリ・ブランコ2018年を飲んだことがあります。

チャコリ・ブランコの基本情報

【産地】スペイン北部 D.O.ビスカイユ・チャコリーナ

【品種】オンダラビ・スリ50%、オンダラビ・セラティア50%

【アルコール】12.5%

ライトボディからミディアムライトボディでした。

【値段】3,000円(税込)台です。

色調はレモンイエロー

香りは普通。シトラスの香り、ライムやレモン。レモンバーム。フレッシュハーブの香りでした。

酸味は強く、辛口

そして少し塩気を感じるのです。

塩気を感じる理由は、スペイン北部の沿岸部、海の近くで栽培されたからだそうです。

ワインに塩味があるから、お鮨と合うそうです。

まだお鮨とは試したことがありません。

 

美味しいお鮨に当たると、美味しい白ワインが飲みたくなります。

次に食べるときはワインとマリアージュしたいですね。

 

チャコリ・ブランコは、楽天で購入することができます。

私が飲んだのは2018年ですが、販売されているのは2017年。

このチャコリはオススメです。

ワインの中のかすかな塩味を発見してみてくださいね。

和食ならなんでも合いそうですし、和食が好きな人だったら好きなワインだと思います。

 

チャコリブランコ

 


 

葡萄畑 ココス

 

ワインの勉強に役立っている2冊です 

ベストセラー 

 

The World Atlas of Wine 8th Edition(税込)

 

 

Hugh Johnson Pocket Wine 2021: New Edition (English Edition)(税込)

 

にほんブログ村に参加しています。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村