はつはるポンのグルメ

食べて飲んでおいしい 見て楽しい 様々な食材・スイーツ・ランチ・ワイン・旅・日々のこと

ワインの記事を書く ワイン勉強法

お酒の中でワインが一番好き!

お酒を飲める年齢から約30年が経ち、飲んだワインは相当な量です。

実は去年まで、

「ワインは赤か白かスパークリングか。品種はメジャーなものしか知らない。」

「品種名と産地名の区別もついていない。」

と、自分が飲んだワインはについては何もわかっていませんでした。

f:id:hatsuharupon:20201108200817j:plain

以前は、ワインは飲んで美味しかった!でおしまい

 

ボジョレー・ヌーボーだけは、大流行りの頃に社会人だったので、鮮明に覚えています。

赤ワイン。新酒。あの当時は数年にわたって11月第3木曜には必ず飲みに行っていました。

でも当時はボジョレーがどこでどうやって作られているかなどは全く気にせずでした。

 

ワインが好きだからワインのことを知りたい!昨年4月からワインの勉強を始めました。

f:id:hatsuharupon:20201107231059j:plain

家でテイスティングの練習

リースリング」国別飲み比べ


私のワインの勉強が始まりました。

 

本を読んだり、

f:id:hatsuharupon:20201108200123j:plain

ワールドアトラスオブワイン

英語ですが、地図でワイン産地を確認できる

講義を受けたり、練習になるワイン・自分が飲みたいワインを買って飲んで、

いろいろ知らなかったことを知ることができました。

 

たとえば

ぶどう木の種類のこと ワインに向くヴィティス・ヴィニフェラ種って初めて聞いた、ヨーロッパ方面原産のぶどう木のこと。

栽培方法

醸造方法

国による違い

産地の違い

土地・風土テロワールの違い

ぶどう品種 等々によって全く違ったワインが作られている。

ワインに関して今まで気にも留めなかったこと、

知らなかったことがたくさんありすぎて…

 

自分なりに、目の前のワインを分析してから飲むようになりました。

ただ飲んで、美味しくて、酔っ払うのもワインの楽しみ方ですが、

目の前のワインをよく見て、色・香りをとって、真面目に味わって、分析するのは結構楽しいんです。

香りの表現は、お花やスパイスや鉱物など、世界共通のテイスティング用語があり、その用語を使って表現します。

品種を当ててみたり、怒られるかもしれませんが、ゲームです。

美味しいお酒を探求するための大人の真面目なゲーム。

  

アラフィフになって、こんなに熱中できるるものがあったのかと、

自分でも驚くほど。面白いんです!

 

f:id:hatsuharupon:20201107232649j:plain

自宅でテイスティング

ワインは比較して飲むと特徴がよくわかります。

 

私がワインを学んで思ったこと。

 

他のお酒もそうかもしれませんが、

これほど作り手や、作った国、土地によって違いが出るものなのか、実感。

「勉強や分析に値する」飲み物だということ。

 

一人で飲むようにはできていないこと。

ボトル一本は一人用ではなく、シェアするのに良い分量。

料理に合わせてワインを選ぶと、4〜5人でテーブルを囲み、

泡・白・赤の最低3本は理想です。

食べて飲んで「この料理に合うとか、あのワインの方が合いそうだった」とか、ワインも会話もどんどん進みます。

f:id:hatsuharupon:20201108181402j:plain

ワインと料理 サラダに合わせるのは‥

今日のドレッシングに合う白ワイン

 

ワインの知識は簡単にシェアできます。

ベストなワインと選び、ベストな状態で飲むために知識のシェアは必要

ワイン選びから、料理との組み合わせ、もしどこかの郷土料理を食べるのだったら、その土地のワインを合わせようかとか、美味しく飲むために、みんなでアイデアをシェア。

チーズ好きだったら、チーズとワインを合わせて、相乗効果に期待できます。

 

f:id:hatsuharupon:20201108183617j:plain

セミハードチーズとピノ・ノワール

この組合せはワインがより美味しくなると思う 


  

私がワインの記事を書く理由 インプットしたらアウトプット=シェア

この1年半に学んだワインの知識は膨大です。

書くことが私のアウトプット!

知識を入れただけでは忘れてしまうから、ノートに書き留めたり、実践すること必要です。

そして、自分だけに留めておいたらもったいない

記事にします。

 

シェアするために書く

 

本を読んだり、セミナーに行けば誰でも知識を得ることができます。

でも感じ方や、興味は千差万別。

このワインはこういうところが美味しかった、コストパフォーマンスは?

こんな食べ物があうと思うとか、このマリアージュはやっぱり王道でよかったとか。

 

ワインについて教科書的なことが知りたければ、ネットで検索すれば出てくる時代です。

私見がききたい人もいるはず。

 

勉強を始めてから、ワインをより意識して飲むようになりました。

飲み終わった後のボトルやコルクにも愛着が湧いて、なかなか捨てられませんでした。

だから写真を撮って、備忘録を書いて、はてなブログに載せています。

f:id:hatsuharupon:20201108183933j:plain

ワインを飲む時に必ず参考する本

「ヒュージョンソンのポケットワインブック」

世界的なベストセラー

 

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村