はつはるポンのグルメ

食べて飲んでおいしい 見て楽しい 様々な食材・スイーツ・ランチ・ワイン・旅・日々のこと

ワインの勉強 初心者が最初に買った本  POCKET WINE BOOK 2020 2021年も出ています

ワインの勉強を始めてから、本屋さんではワインの本売場に立ち寄ってみます。

 

ワインに関する様々な本があってどれも読んでみたいけれどどれか一つを選ぶのはなかなか迷います。

 

ワインは世界的に飲まれいてるお酒なので、時々洋書コーナーにも立ち寄ります。 

 

昨年の秋に、平積みされていた

 

No.1 BEST-SELLING WINE GUIDE 

HUGE JOHNSON'S POCKET WINE BOOK 2020

 

という本が目に入りました。

 

No.1ベストセラーのワインガイド

ヒュージョンソンのポケットワインブック2020

 

2019年の秋なのにもう2020年版が売り出されていました。

 

裏表紙には、

”世界的に有名なヒュージョンソンというワインライターの本で、1977年初版以来、多くの言語に訳されて世界のたくさんの人々に読まれている…”といった説明書きが続きます。

”世界で1200万冊部数”という記述もあります。

 

手に取ると、辞書みたい、

主に国ごとに単語で引いて説明を読むようになっているんです。

でも、巻頭の約30ページと巻末の約10ページは特集のような読み物で、

ブドウの品種の特徴、ワインと合う食べ物、ワインで使うフレーバーの説明などなど

私が知りたい情報満載でした。

 

ワインについて書いている本は色々あるけれど、一冊買うなら、私にはこれがいいかなと思いました。 

今までワインを買うときは

ラベルを読んで選ぶ、なんて考えたこともなく、

(フランスワインは超有名なワイン以外はみてもわからないというのがありました)

ワインのラベルや瓶の形が気に入ったワインを感覚的に買っていました。

 

時々ソムリエバッジをつけたスタッフに、

美味しいワイン下さい、なんてアバウトな頼み方をしたりもしていました。

 

早速、先日飲んだスペインワインのラベルに記載されていた単語を、ポケットワインブックで調べてみました。

Bierzo  MENCIA  

この単語は産地で、この単語は品種で、香りの特徴の記載もあります。

評価等もわかります。

 

f:id:hatsuharupon:20200107192545j:plain

飲んだワインについて調べるのが楽しみになりました

(※現在は2021年度版が出ています) 

一つ一つ飲んだワインのことを調べて、知らなかったことを知っていくのは楽しみになりました。

 

このポケットガイドブックは2年に一度ぐらいで改訂されているそうです。

私が買ったのは英語版です。

英語はそんなに得意ではありませんが、

  • 英語版が最新だった、
  • 価格が求めやすかった、
  • ワイン用語の英語の勉強にもなる  からと思ったからです。

 

アマゾンで購入しました。

他の本も合わせてまとめ買いをしたので割引があり1,600円強で購入。

通常アマゾンでは1700〜1800円のようです。

   

世界的ベストセラー 2021年版 

 (税込価格)

 

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村