はつはるポンのグルメ

食べて飲んでおいしい 見て楽しい 様々な食材・スイーツ・ランチ・ワイン・旅・日々のこと

サイゼリア「キアンティワイン」ボトルをお持ち帰り

やっぱりイタリア料理には、キアンティが飲みたい。

先日久しぶりのサイゼリアでのランチ&100円ワインに感動したので、再訪しました。

先日の記事はこちらです。

hatsuharupon.hatenablog.com

 

ボトルワインを注文してみました。

注文の前にスタッフに確認。

サイゼリアのグラスワインであるボトル(マグナムボトル)は、飲み切れなかったらお持ち帰りできますと書いてありますが、そのほかのボトルは持ち帰ることができるか確認します。

OKでした。

 

「キアンティ」か「キアンティ・レゼルヴァ」どちらにしようか迷った末、「キアンティ」にします。値段は倍違います。

f:id:hatsuharupon:20200614204836j:plain

キアンティクラッシコはよく飲みますが、キアンティはあまり飲んだことがありません。

キアンティは、キアンティクラッシコに比べてお値段も違うし、質も違うと聞いています。

 

当然コルク栓だとばかり思っていたら、

スクリュー栓でした。

f:id:hatsuharupon:20200614204939j:plainイタリアワインでスクリュー栓は、私は初めて。

 

でも安心しました。これで安心して持ち帰ることができる。

スタッフも開けるのが楽ですよね。

 

今日の500円ランチは、

前回と違うものを頼むことにしました。

スパイシーなところが、キアンティに合うのではないかと考えて「ビーフキーマカレー」。

f:id:hatsuharupon:20200614205306j:plain

f:id:hatsuharupon:20200614205152j:plain

 

サイゼリアブランドのキアンティの香りと味わいは

私は黒ぶどう品種のサンジョベーゼが好きなので、このキアンティもサンジョベーゼらしい、赤系と黒系フルーツ両方のいい香り、すみれの香りがします。わりと強めの酸味があります。

色はどちらかというと濃いめ。

 

ビーフキーマカレーと一緒に楽しめました。

1,100円(税込)のボトルワインがお店で飲むことができて、お持ち帰りができるということが一番のメリット。

f:id:hatsuharupon:20200614215301j:plain

 

サイゼリアのキアンティはDOCGワイン

ソットゾーナと言われる特定地域ルフィーナのキアンティです。

特定地域ソットゾーナとは限定された7つの地区。

ソットゾーナで造られるキアンティは、特別なもののようです。

 

家で持ち帰って飲むと

グラスに注いで家でゆっくり味わいました。

美味しかったですよ。

 

f:id:hatsuharupon:20200614210441j:plain

 

お気に入りのグラスで飲むと味わいも格別です。

 

この日は暑くて喉が乾いていたので、本当はスパークリングワインのランブルスコを頼みたかったです。

でもスパークリングワインだったらさすがに、コルク栓。どうやって持って帰ろう、などと考えてやめてしまいました。

サイゼリアのスタッフは、全部持ち帰ることができると言っていました。

ランブルスコは2種類ありました。「辛口」と「ロゼの甘口」両方とも1,100円(税込)でした。

 

辛口のランブルスコは生ハムと合いそうです。

次回はランブルスコに挑戦です。

 

にほんブログ村に参加しています。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ レストラン・料理店へ
にほんブログ村